独学でも学ぶことができる|行政書士に合格する裏技

男女

ISOの審査員になる

社内でISOに取り組んでいる場合、さらに知識を身に付けるために外部でも通用可能な監査員資格をとることも可能です。日本で認められた機関で行われている、ISOの監査員資格を取得できる研修を受講すると、他社の品質マネジメントシステムの監査をすることができ、監査員として独立も可能です。

男性

ステップアップに

時代は常に移り変わっており、評価されるビジネス資格も変わってきています。しかし、会社で活躍するためにためには、最初の関門である面接で高評価を得る必要があることから、バランスよく資格を取っておくことで、活躍の場が広がります。

許認可業務ができる

勉強

難易度は高い

行政書士は国家資格者であり許認可にかかわる業務を、一手に行うことができる価値ある資格です。そして行政書士になるには、年に1度行われる試験に合格する必要があります。しかし2016年度は合格率は10パーセントを切っており比較的難関な資格です。試験内容は憲法や民放に行政法などの法律問題と一般教養となります。独学で合格するのも可能ですが時間がかかり、また疑問点が出てきても教えてもらうことができないので途中で挫折する人も多いのです。大学で法律を専門的に学んだ人ならまだしも、法律の基礎がない人が一から勉強するのは大変です。そのため専門予備校に通って合格を目指す人もいますが、学校に通うとなると費用がかなりかかるし仕事が忙しい人なら通学することができないです。こつこつと一人で独学を目指すのもいいですが、やはり短期間で受かりたいのが人情です。そんなとき頼りになるのが行政書士試験の通信講座です。通信講座なら自宅で受講できるので仕事で時間が取れない人でも無理なく受講できます。また独学でわからないところを教えてもらえない欠点も、通信講座なら講師にメール等で質問することができます。通信講座の内容はテキストだけでなく、DVDなどの動画やCDを使った音声を使用して理解しやすいように工夫されています。受講料も比較的廉価に設定されているので、無理なく受講することができます。行政書士通信講座は独学の弊害を補う優れた勉強方法です。短期合格を目指すなら最適な方法です。