独学でも学ぶことができる|行政書士に合格する裏技

憧れの職業

保育士

子どもと関わる仕事

子どもから人気の高い職業に、幼稚園の先生があります。幼稚園の先生は幼稚園教諭の資格を持ち、幼稚園にて子どもたちの生活や学習のサポートをするのが主な仕事です。それぞれの幼稚園に特色がありますが、幼稚園は基本的に、学校のひとつと考えられています。集団生活を通じて社会性を養うという、人間形成にとって根幹となる部分の形成をサポートすることが期待されます。そのため幼稚園教諭は子どものこころやからだの成長過程を理解したり、教育学や心理学といった学問の知識を身につけたりする必要があります。幼稚園教諭の資格を取得するには、いくつかの方法があるます。もっとも王道なのが、幼稚園教諭の養成カリキュラムを有する大学や短期大学にて養成課程を修了するという方法です。なお、幼稚園教諭の免許状には種類があり、一般的なのは四年制大学の卒業時に得られるのが一種免許状、二年制の短期大学や専門学校の卒業時に得られるのが二種免許状のふたつです。幼稚園教諭は多くの知識が必要であり、それらを学び身につけるには相応の努力と時間を要します。また在学中には机上の勉強だけでなく、幼稚園や保育施設などで実習を行ったりボランティアやアルバイトを経験することも求められます。生きた教材である子どもたちと実際に関わり、経験から多くを学ぶことができます。そのため、幼稚園教諭の養成施設でも四年制の大学を選択するのがおすすめです。資格習得までにじっくり学び、準備をした上で現場へ出ることができます。また大卒は比較して給与設定が高くなりやすいのもメリットです。